本日のおすすめ『【オススメ】1日5分でできるリラックスできる健康法』等

よくわかる うつ病 診断と治療、周囲の接し方・支え方 新版 甲状腺の病気(よくわかる最新医学)

「これって、うつ病?」「どんな治療をするの?」「うつ病は治る?」「薬はやめられる?」「家族はどんな言葉をかけたらいい?」「職場復帰が心配」「再発を防ぐには?」――。病気の基礎知識、検査・診断、間違われやすい病気、薬や精神療法などの治療、再発防止、職場復帰、周囲の接し方など、‘… 見のがされやすい甲状腺の病気を正しく理解。最新の検査法と治療法をわかりやすく解説。妊娠・出産、日常生活の不安に答える。

注目の情報『自分でできる!心理セラピー『セルフ・メンタル・ケア』』(ハート・リッチ・クリエイティブ 桑野満博)

自分でできる!心理セラピー『セルフ・メンタル・ケア』

~ 思考場療法(R)で、心に起因する問題を改善する!~
思考場療法Rは、抑うつ症状や不安症、強迫症といった重篤な症状の改善だけでなく、日頃のストレスケアをはじめ、自信を取り戻す事や、マインドアップなど、幅広い分野、ならびに、様々な状況に使えるツールです。
5秒で確かめられるツボタッピングの威力!パソコンを使われる方であれば、5秒で、ツボタッピングの威力を確認できます。
「ミスタイプが増えてきたな」と感じた時は、上図のように、手の平の横、小指側のふっくらとしている部分(空手チョップをすると当たる部分)を5~10回程度、タッピングすると、ミスタイプが改善されるかと思われます。
これは、ストレスが溜まってくる事によって、思考している事が身体の動きに上手く伝わらなくなってくる、つまり、心理的にブロックされている状態が、この部分のツボのタッピングによって、ブロックが解消されるためです。
このように、ツボのタッピングには、思考や心に影響を与える効果があります。

自分でできる!心理セラピー『セルフ・メンタル・ケア』の公式サイトへ

免疫力をアップする ベジタブル・スムージー 病気予防に! 老化防止に! スリム&美肌に! 自分で押せてすぐに効く! 手ツボ・足ツボ(池田書店)

錆びないカラダをつくる、酵素たっぷりの健康習慣! アンチエイジングの権威・白澤卓二先生がすすめる、免疫力をアップさせる野菜と果物を組み合わせたスムージーの作り方。免疫力をアップさせる注目の栄養素‘フィトケミカル’(クロロフィルやリコピン、アントシアニンなど)。本書のレシピは、… ◆いちばん「よく効く」ツボ押しの本!◆ *手と足を刺激すると全身の不調を改善できる *ツボをきちんと押すと体が今すぐ変わる! *ツボと反射区を使い分けて、より効果的にアプローチ *押して流す、押して回す、たたくなど、ツボに合わせた「プロの押し方」がわかる *スケルトン画像つきで、…

おすすめはやはり『自分でできる!心理セラピー『セルフ・メンタル・ケア』』

自分でできる!心理セラピー『セルフ・メンタル・ケア』

米国での臨床試験では、思考場療法Rのアルゴリズムレベル(市販の入門書レベルの方法)を用いた場合、80%の方に効果があった事が報告されています。
思考場療法Rは、様々な心のブレーキと闘いながら生活している現在よりも、リラックスした状態で、現在より楽な気分で、前向きに生活できるように改善していきます。

自分でできる!心理セラピー『セルフ・メンタル・ケア』の公式サイトへ